資本金について

資本金について

1.株式会社の資本金の額は、通常は定款で定められています(異なる定め方も可能ではありますが)。そして、登記によって公示され、金融機関・取引先等が見ることができるようになるのです。

 

資本金の額については、従来の株式会社では1,000万円以上とされていましたが、新しい会社法では、資本金の額についての制限はなくなり、いくらでも良いこととなりました。

 

従来は、1,000万円の資金を集めなければならなかったことを考えると、新しい会社法では、株式会社の設立が非常に容易になりました。

 

2.ただ、そうは言っても、現実的な資本金の額は慎重に考えなければなりません。
開業に必要な費用や、当面の運転資金等を考慮する必要がありますし、また、資本金の額が少ないと取引先の信用を得られないことがあるかもしれません。
さらに、許認可を必要とする事業については、例えば建設業許可のように資本金が500万円以上あると許可申請の際に手続きがし易いケースもありますから、注意したほうが良いでしょう。

 

今までの経験から言いますと、従来の有限会社の資本金は300万円以上とされていましたので、これを目安にすることもできるかと思います。

 

3.また、資本金の額を決まる際には、税金の問題も注意してください。資本金の額が多い方が、会社の信用は高まるかも知れませんが、資本金を1,000万円未満にしておくと、税金についてはとても有利です。
簡単ですが整理すると、以下のようになります。

 

なお、詳細につきましては、税理士さんにお問い合わせください。

 

 消費税の納付義務

 

新しく会社を作った場合、資本金が1,000万円以上であれば、その年から消費税の納税義務があります。
しかし、資本金が1,000万円未満であれば、会社設立の年と翌年については売り上げの金額にかかわらず消費税を納税する義務はありません。

 

これは、消費税については、2年前の売り上げを基準として納税義務を決めますが、新しく会社を設立した場合には2年前の売り上げがないため、資本金が1,000万円以上か否かを基準とするからです。

 

消費税を2年間納税しなくて済むということは、ケースにもよりますが、何十万円~百万円超の納税を免税されるということですから、会社にとって非常に重要な意味を持ちます。

 

 法人住民税

 

法人住民税についても、資本金を基準とする部分があります。資本金が1,000万円以下ですと法人住民税を最も安くすることができます。


このように見てくると、会社設立時の資本金は1,000万円未満とするほうが有利です。事業を拡大するため資金が必要になれば、いつでも資本金を増加させることができますから、まずは、税金上も有利な資本金の決め方をお考えください。

 

 

会社の設立でお困りでしたら、ぜひご相談くださいませ。

 

 

特長について

相続税の強い税理士がチェック

いつでもご相談くださいませ、夜でも対応しております。

会社設立のサポートをいたします。

親身に対応します

同じ担当者が最後まで責任をもって担当いたします。

小さい事務所だからこそできる対応力です。

土地に強い

法律は難しい用語と書類作成が多くあります。

そんなお困りごとを一括で解決させていただきます。

広告費が少ない

ご相談内容に応じた、あなただけの分かりやすい

オリジナル資料を作成させていただきます。

心理面までサポート

落ち込んだり泣いたりと、離婚は感情が変化すると

思いますので、なんでもご相談くださいませ。

公的な文章を作成

経験が豊富な専門家が、効力の高い公的な文章を作成。

将来の安心感が得ら、ストレスが減ります。

 

会社設立の流れ

ご相談などございましたら、ぜひ瓜生(うりゅう)までご連絡くださいませ。

 

相続 お問い合わせ

相続 お問い合わせ

 

 

【ご相談 対応地域について】

瓜生行政法務事務所では、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に相続手続き、離婚協議書の作成、公正証書作成のサポートのご相談にお乗りしております。

 

【東京都の公正証書作成サポートの対応地域】

千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・台東区・墨田区・江東区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区・荒川区・板橋区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区 など東京の全ての地域で相続手続き、離婚協議書、公正証書作りのお手伝いをしております。

 

【多摩地区の対応地域】

八王子市・立川市・武蔵野市・三鷹市・青梅市・府中市・昭島市・調布市・町田市・小金井市・小平市・日野市・東村山市・国分寺市・国立市・福生市・狛江市・東大和市・清瀬市・東久留米市・武蔵村山市・多摩市・稲城市・羽村市・あきる野市・西東京市・日の出町 など、相続手続き、離婚、公正証書、内縁 証明書、離婚協議書、公正証書、相続でお悩みなら、ぜひ瓜生行政法務事務所までご連絡くださいませ。

 

【日本全国および海外からのご相談にも対応しております】

北海道 [ 北海道 ]

東北  [ 青森 | 岩手 | 山形 | 福島 | 秋田 | 宮城 ]

関東  [ 東京 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 神奈川 ]

甲信越 [ 山梨 | 長野 | 新潟 ]

北陸  [ 石川 | 福井 | 富山 ]

東海  [ 愛知 | 静岡 | 岐阜 | 三重 ]

近畿  [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]

中国  [ 島根 | 山口 | 鳥取 | 広島 | 岡山 ]

四国  [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]

九州  [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]

 

 

 

【コンテンツ】

トップへ

はじめての方へ

料金について

サービスについて

サービスの流れ

お客様の声

よくある質問

スタッフ紹介

事務所概要

お問い合わせ

【サービス】

離婚協議書

公正証書

会社設立

相続手続き

遺言

> 行政書士がやってくれること

> いないと困るこんな時

> 行政書士がいる理由とは?

> 行政書士の選び方とは?

> 瓜生行政法務事務所ってこんなところ

> 代表はこんな人です

 

相続に強い瓜生行政法務事務所飯塚税理士事務所

電話:03-5310-1776

住所:〒167-0035

東京都杉並区今川 3-1-22

営業時間:9:00~18:00

東京都行政書士会所属
(登録番号 第02082712

事務所概要 >>