行政書士 瓜生(うりゅう)和彦が、日々思っていることなどを綴っていきます。

 

関西旅行 2018/12/16

あまり旅行をする機会はないのですが、12月9日~11日にかけて、関西旅行へ行って来ました。

 

新大阪駅で友人たちと待ち合わせをして、兵庫県の城崎温泉へ行き一泊、翌日京都へ移動して観光(友人たちとは、この観光後に解散)、夕方奈良へ移動して一泊、最終日に奈良観光をして、東京へ帰ってきました。2泊3日の旅です。

 

私は行政書士という仕事をしていますが、仕事で出張することは、今までの経験ではありません。東京、あるいは、その近郊で仕事をしていますので、泊りがけの仕事はないのですね。

 

ですから、新幹線に乗る機会も、ほとんどありません。今回のような旅行は、楽しみで仕方がありませんでした。

 

そもそもが、私の親友が関西空港で勤務することになり、関西での温泉旅行を企画してくれたので、行けることになりました。

城崎温泉へ行った目的は、温泉も勿論ではありますが、「カニを食べに行く」という点にありました。

 

驚きました。城崎温泉駅を降りると、駅前から観光客用の商店街が続いているのですが、「カニ」「カニ」「カニ」の連続です。日本海が近いのですが、大量のカニであふれているという感じです。夕食では、1人当たりカニ「2杯半」ということで、十分にカニを堪能いたしました。

 

城崎温泉 カニ

 

しかし、何と言っても良いのが、昔からの「友だち」ですね。

久しぶりに会ったのに、昨日まで大学で会っていたかのように感じます。

プライベートも含めて色々と話をしましたが、まだまだ、話し足りない。気を使うことなく、次々に、話したいことが出てくる。懐かしさも含め、とても楽しい時間を過ごすことができました。

 

確かに、「カニ」はとても美味しかったです。二度と、あれだけの量の「カニ」を食べる機会はない様に思います。

しかし、友人たちと過ごして、顔を見て、話して、一緒に温泉に入り・・・その結果、精神的に満たされたことが、私にとっては大きな価値がありますね・・・当たり前ですが。

 

この旅行、実は奈良へ行くということも、私にとっては、大きな意味がありました。それも含め、旅行用に、もう1枚ページを作ろうと思います・・・写メもかなりありますから。

後日、アップいたしますので、お待ちいただけると嬉しいです。

 

京都タワー

(カニの写真だけでは、食い意地が張り過ぎているように思いますので、写真を2枚載せておきます。上は、京都駅前の京都タワー、下は奈良・東大寺の二月堂です。)

東大寺二月堂

 

江戸川支部研修会 2018/12/07

行政書士会江戸川支部の研修会に出席してきました。

行政書士会では、良く研修会を行いますが、昨日は江戸川支部の研修会を受けてきました。

江戸川区船堀で行われたのですが、初めて船堀駅で降りました。

 

テーマは、民法・債権法の改正です。2020年4月1日から民法が大きく改正されますが、その改正について、行政書士の業務も考慮しながら研修会が行われました。

 

講師は、弁護士さん(行政書士の登録もなさっているようです。)で、かなり詳しいレジュメも配布され、有益なお話でした。

 

研修会に出席する目的は、細かい知識を得ることではなく、業務への刺激を受けることにあると思っていますが、新しい民法を考える視点を教えていただき、とても刺激のあるお話しでした。

 

都営新宿線 船堀駅

 

 

お寺のライトアップ 2018/11/28

お寺でライトアップのイベントが行われました。

私の事務所のそばに観泉寺というお寺がありますが、11月24日・25日に境内のライトアップが行われました。

今年が初めてとのことでしたが、杉並区報にも載ったためか、大変な人手でした・・・24日は1,000人を超えたそうです。

 

その様子をご紹介いたします。

 

お琴の演奏です。

地元の小学生による、お琴の演奏も行われました。

 

ライトアップの様子

「紅く染まった葉」と「緑の葉」が混ざり合っていました。

 

 

秋深まる・・・並木 2018/11/23

深まる秋。

寒くなってきましてね。

私の住むマンションのとなりは「桃井原っぱ公園」ですが、そこの木々を見ても、秋の深まりを感じます。

公園からクィーンズ伊勢丹に続く並木があるのですが、秋の風情を感じて、写してみました。

 

並木道

昼間の並木。秋らしい色です。

 

この写真は、同じ場所から夜に撮りました。ムード、ありましたよ。

 

荻窪病院でお祭りをしていました 2018/11/20

当事務所の隣で、「おぎくぼ病院まつり」が行われました

おぎくぼ病院まつり

 

当事務所のとなりにある荻窪病院は、地域に根差した杉並区有数の総合病院です。

 

そんな荻窪病院で11月初めに「おぎくぼ病院まつり」が行われました。多くの患者さんや関係者など来場者が来られていました。

 

おぎくぼ病院まつり2

 

「おぎくぼ病院まつり」の内容は、バラエティーに富んでいます。

病院も色々な工夫をしていますね!!

 

 

 

当事務所のとなりの公園でお祭りが 2018/11/05

杉並フェスタ 当事務所の隣の公園でお祭りが催されました

 

杉並フェスタ 大道芸

 

毎年行われている「杉並フェスタ」が、11月3日~4日にかけて、当事務所があるマンションの隣の「桃井原っぱ公園」で行われました。

 

「杉並フェスタ」は、「人と人、地域と地域をつなぎ、杉並を元気に」を基本理念として開催されています。

 

杉並区と交流がある自治体の物産展もありましたし、杉並区の農業祭も行われていました。

 

写真は、杉並区農業祭の一部です。

 

杉並フェスタでの大道芸。

 

杉並フェスタで行われていた「大道芸」の様子です。

 

トークも面白く、楽しめました。写真にも写っていますが、前列には、子供たちが並び、大喜びでした。

 

大道芸をやっているのは、地元杉並の人です。

 

 

大井町 2018/08/03

大井町で、研修会に参加して来ました。

昨日の夕方、初めて大井町へ行って来ました。
東京都品川区にある街で、もう少し行くと神奈川県です。

 

私が住む町は杉並区で、ウロウロしている街は荻窪です。
荻窪は中央線沿線の街で、阿佐ヶ谷、高円寺、西荻窪、吉祥寺という街が、となりという感じです。

 

中央線沿線も大きな街だと思うのですが、大井町も大きな街なのには驚きました。
京浜東北線沿線に行くことは、あまりないので、知らなかったのですが、生活にも便利そうで、羨ましくなってしまう街でした。

 

大井町には、品川経由で行ったのですが、品川駅は新幹線の停車駅ということで、品川駅で駅弁探しもしました。

そしたら、ありました・・・美味しそうな駅弁がたくさん。
買いたかったのですが、駅弁を持って歩くわけにもいかず、あきらめましたが・・・

 

大井町へ行った目的は、行政書士の研修会です。
時々、いつもとは違った刺激が欲しくなります。
そういう時に、同業者の実務体験を聞ける研修会は、良い刺激になります・・・感謝です。
その刺激を受けて、早速、新しい本が読みたくなり注文してしまいました。

 

離婚届 行政書士が出す・・・ 2017/08/10

初めて、仕事で、離婚届を提出して来ました。

離婚で行政書士に相談する。こう言うと、どのようなイメージを持ちますか?
「行政」ですから、離婚届の提出とかのイメージを持たれるのでしょうか?

 

でも、行政書士が代わりに離婚届を提出するなんてことは、普通はありません。


離婚届は、離婚するご夫婦が提出します。特に、離婚した後の戸籍を考えると、ご本人が区役所へ行って、分からないことがあれば、担当者に聞きながら、離婚届の提出手続きをした方が良いと思っています。

 

行政書士が離婚に携わるケースでも、離婚届ではなく、多くは、離婚協議書や離婚に関する公正証書の作成をサポートするということです(ご相談、原案作成、公証役場での手続き等)。

 

しかし、今回は、私が離婚届を提出することになりました。

それも、不動産会社や司法書士さんも関係していて、手続きを迅速に、滞りなく進めるために、離婚届を区役所へ持って行ったら、必ず受理してもらわないといけないという状況です。

 

離婚届を提出したことはありませんし、離婚届を提出しようとしたが受理されなかったという話も結構お聞きして来ました。必ず受理してもらわないといけない、というのは怖いですね。

 

そこで、離婚届の提出について、幾つか調べましたので、ご参考までに、書いて見ようと思います。

 

まず、離婚届は、ご本人が持参せず、第三者が持参するのでも受理してくれます。


ただ、これは「使者」という形になります。法律をご存知の方だと気づかれると思いますが、「使者」という形には、特別な意味があります。それは、単に持って行くだけで、意思表示はしないということです。

 

「使者」に対して、「代理人」という形があります。「代理人」も、離婚届を本人に代わって持って行くのですが、「代理人」という制度には、本来、代理人が意思表示をすることも含まれています。

 

この代理人が意思表示をするという部分が、離婚届を提出する場面では問題があります。
離婚届は、とてもプライベートなことで、これはご本人が決めるべきで、第三者が決めるべき性質のことではないのです。だから、本人が全てを決めて、離婚届を作成し、それを提出するのであれば、使者という形ですることが出来ます。

 

しかし、代理人だと、本人ではなく、代理人が決める余地が出てきてしまいますから、そのような代理人による離婚届の提出という方法は認められていないのです。

 

離婚届を持参する第三者からすると、単なるお使いである使者よりも、少しでも権限のある代理人の方が手続きがし易いように思えます。
しかし、区役所では、使者による離婚届の提出はできますが、代理人による離婚届の提出はできないのです。

 

「ワードのそれ。送ってよ。」・・・公証役場の裏側を少しだけ

公証人とのやり取りです。

前は何回かお願いした公証役場へ、久しぶりに行って来ました。

 

公証人は、70歳定年ですから、ある程度のサイクルで交代して行くのですが、その公証役場も公証人が変わっていて、初対面の先生でした。印象としては、ざっくばらんに話せて、好印象です。

 

離婚の公正証書だったのですが、私は、「離婚協議書(案)」として、ご夫婦が合意した内容をまとめてお持ちすることにしています。今回も、そうしました。

 

その書面を公証人にお渡しすると、幾つか質問があった後で、「この協議書のワードのものがありますよね。それメールで送ってくれませんか?それを使って公正証書を作りますから。省エネ・・・」とのこと。

 

考えようによっては、私が作った内容が良かったので、公正証書を作るために使いたい、というお話ですから、少し嬉しい気持ちはありました。


ただ、多くの公証人とお会いしましたが、私が作ったワードのテキストを送って欲しい、と言われたのは初めてで、そういう方法もあるんだと、少し感心・・・いたしました。

 

私が作ったような、公正証書ができるのでしょうか・・・楽しみではあります。

 

ゆうちょ銀行 貯金等照会書

ゆうちょ銀行での手続きのお話です。

今日は、相続に関連するお話です。

 

普通、銀行ですと、亡くなられた方の名義の預金等は、端末を操作すれば、直ぐに分かります・・・全ての支店のものが。

 

それに対して、ゆうちょ銀行はそうはいきません。端末を操作すれば、通常貯金や定額貯金がすぐに分かるということにはならないのですね。


そういうときに使うのが、貯金等照会書です。

 

貯金等照会書を提出すれば、調査対象者の名前、住所(昔の住所も含めて)、生年月日、電話番号から、調査対象者名義の貯金、国債、投資信託等を調べてくれます。手数料は、無料です。

 

相続の場合で、亡くなった方が郵便局を使っていたはずだが、通帳がない、あるいは、取引内容が分からないということでしたら、貯金等照会書を使いましょう。

請求してから、1か月くらい掛かりますから、早めに請求しておいた方が良いでしょう。

 

請求に必要な貯金等照会書は郵便局に行けばもらえますし、その他に必要なものは、死亡の記載のある戸籍、亡くなった方と請求者の関係が分かる戸籍、請求者の免許証等の身分証明書、請求者のハンコです。

 

ゆうちょ銀行は、相続手続きがちょっと面倒ですが、しなければならないことですから、着実に進めるしかないですね。

 

 

瓜生行政法務事務所では、東京の杉並区を中心に離婚関係の書類や公正証書作成のご相談にのっております。

瓜生(うりゅう)行政法務事務所
〒167-0035 東京都杉並区今川3-1-22
行政書士 瓜生 和彦 
東京都行政書士会所属
(登録番号 第02082712号)

 

 

【ご相談 対応地域について】

瓜生行政法務事務所では、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に、相続手続き、離婚協議書作成、公正証書作りのお手伝いなどのご相談にお乗りしております。

 

北海道 [ 北海道 ]

東北  [ 青森 | 岩手 | 山形 | 福島 | 秋田 | 宮城 ]

関東  [ 東京 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 神奈川 ]

甲信越 [ 山梨 | 長野 | 新潟 ]

北陸  [ 石川 | 福井 | 富山 ]

東海  [ 愛知 | 静岡 | 岐阜 | 三重 ]

近畿  [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]

中国  [ 島根 | 山口 | 鳥取 | 広島 | 岡山 ]

四国  [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]

九州  [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]

 

【東京都のご相談の対応地域】

千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・台東区・墨田区・江東区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区・荒川区・板橋区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区 など東京の全ての地域で相続手続き、離婚協議書の作成、公正証書作りのお手伝いなどのご相談にお乗りしております。

 

【多摩地区の対応地域】

八王子市・立川市・武蔵野市・三鷹市・青梅市・府中市・昭島市・調布市・町田市・小金井市・小平市・日野市・東村山市・国分寺市・国立市・福生市・狛江市・東大和市・清瀬市・東久留米市・武蔵村山市・多摩市・稲城市・羽村市・あきる野市・西東京市・日の出町 など、離婚、公正証書、内縁 証明書、離婚協議書、公正証書、相続でお悩みなら、ぜひ瓜生行政法務事務所までご連絡くださいませ。

 

 

【コンテンツ】

トップへ

はじめての方へ

料金について

サービスについて

サービスの流れ

お客様の声

よくある質問

スタッフ紹介

事務所概要

お問い合わせ

> 行政書士がやってくれること

> いないと困るこんな時

> 行政書士がいる理由とは?

> 行政書士の選び方とは?

> 瓜生行政法務事務所ってこんなところ

 

離婚に強い瓜生行政法務事務所

電話:03-5310-1776

住所:〒167-0035

東京都杉並区今川 3-1-22

営業時間:9:00~21:00

東京都行政書士会所属
(登録番号 第02082712