遺言の撤回について

 

遺言の撤回についてのご説明です。遺言作成サポート 東京都杉並区の行政書士

 

1.遺言の撤回

「いざ遺言を作ろうとしても、どのような内容とするか、まだ悩んでいる。」
「色々と考えてきたはずだが、文書として遺すとなると、この内容で良いのだろうか?」

 

そのようなお気持ちも、十分に想像できます。
遺言を作成するに際しては、遺留分など気を付けた方が良いこともありますし、また、それぞれのご家庭の事情から、配慮しておいた方が良いこともあるでしょう。

お考えがまとまらないうちに、中途半端に遺言を作成すべきではありませんが、かと言って、迷ってばかりで、なかなか遺言を作成できないという状態も困ります。


そこで、遺言はいつでも変更できますし、無かったことにできるということも憶えておいてください。

遺言を作成した後で、お気持ちが変わったり、ご事情が変化したときには、遺言の内容を変更できます。
遺言の撤回と言いますが、これをご存知ですと、多少はお気持ちが楽になるのではないでしょうか。

 

遺言の撤回について、自筆証書遺言と公正証書遺言に分けてご説明しましょう。

 

遺言の作成なら、ご相談ください。遺言作成サポート東京・杉並区の口コミのいい行政書士

 

2.自筆証書遺言の撤回

(1)自筆証書遺言の場合には、遺言書を破棄すれば、遺言を撤回したことになります。

 

(2)また、「前の遺言を撤回する」旨の新たな遺言を作成しても、前に作成された遺言は撤回されます。
前の遺言の一部だけを撤回する旨の新しい遺言を作成することもできます。

 

* 前の遺言が自筆証書遺言である場合に、前の遺言を撤回するための新たな遺言は自筆証書遺言・公正証書遺言のどちらでも構いません。

 

(3)前の遺言を撤回する新たな遺言を作成するほかに、前の遺言が新たな遺言と抵触する場合(例えば、前の遺言では、土地を長男に相続させるとしていたが、新たな遺言では長女に相続させるとしている場合)には、その抵触する部分は撤回したとみなされます。


また、前の遺言と抵触する生前行為をした場合(例えば、土地を、長男に相続させると遺言したが、その後で、不動産屋に売却した場合)にも、生前行為と抵触する部分は遺言は撤回したとみなされます。

 

遺言相談、遺言の原案作成、公正証書遺言の手続きをフルサポート。

 

3.公正証書遺言の撤回

(1)自筆証書遺言の場合には、遺言書を破棄すれば、遺言を撤回したことになりましたが、公正証書遺言の場合には、遺言者が持っている公正証書を破棄しても、遺言を撤回したことにはなりません。公正証書の原本が、公証役場に保管されているからです。


従って、この場合には新たな遺言を作成して、前の遺言を撤回する必要があります。

前の遺言が公正証書遺言である場合に、前の遺言を撤回するための新たな遺言は自筆証書遺言・公正証書遺言のどちらでも構いません。

 

(2)自筆証書遺言と同じですが、前の遺言を撤回する新たな遺言を作成するほかに、前の遺言が新たな遺言と抵触する場合には、その抵触する部分は撤回したとみなされます。
また、前の遺言と抵触する生前行為をした場合にも、生前行為と抵触する部分は遺言は撤回したとみなされます。

 

 

 

 

 

特長について

相続税の強い税理士がチェック

無料でご相談は、土日、夜でも対応しております。相続手続き、遺言作成をお考えならぜひご相談くださいませ。

親身に対応します

同じ担当者が最後まで責任をもって担当いたします。

小さい事務所だからこそできる対応力です。

土地に強い

法律は難しい用語と書類作成が多くあります。

そんなお困りごとを一括で解決させていただきます。

広告費が少ない

ご相談内容に応じた、あなただけの分かりやすい

オリジナル資料を作成させていただきます。

心理面までサポート

落ち込んだり泣いたりと、離婚は感情が変化すると

思いますので、なんでもご相談くださいませ。

公的な文章を作成

経験が豊富な専門家が、効力の強い公的な文章を作成。

将来の安心感が得られ、ストレスが減ります。

 

ご契約までの流れについて

 

よくある質問 相談について

遺言についてよくある質問についてご紹介いたします。

 

相続の相談にはお金がかかりますか?

お電話でのご相談は、無料でご利用いただけます。お気軽にご相談くださいませ。

 

 

 

遺言の内容と違う遺産分割はできますか?

遺言があったとしても、相続人全員の合意があれば、遺言と異なる遺産分割をすることができます。また、遺言がなくても、法定相続分にしたがう必要はありません。

ご家族の合意のもと、分割をすることができます。

 

 

親が突然、亡くなってしまいました・・・どうしたらいいですか?

相続ではやることが多くあります。

・死亡届の提出(死亡後7日以内に市役所へ)

・年金受給権死亡届の提出

・戸籍を集めて、相続人を確認する

・相続の放棄または限定承認(3ヶ月以内に家庭裁判所へ)

・所得税の準確定申告(税務署へ)

・遺産分割協議書の作成

・相続税の申告と納税(10ヶ月以内)

・遺産の名義変更(法律的な期限はなし)

などがあります。文章の作成方法、必要な書類などで分からない場合は、一度ご相談くださいませ。

 

 

土日、夜も相談することができますか?

事前にご予約をいただけましたら、土日、夜も対応させていただきます。お気軽にご連絡くださいませ。

 

もっと詳しく知る>>

 

ご相談などございましたら、ぜひ瓜生(うりゅう)までご連絡くださいませ。

 

相続 お問い合わせ

相続 お問い合わせ

 

 

【ご相談 対応地域について】

瓜生行政法務事務所では、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に相続手続き、遺言作成サポート、離婚協議書の作成、公正証書作成のサポートのご相談にお乗りしております。

 

【東京都の公正証書作成サポートの対応地域】

千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・台東区・墨田区・江東区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区・荒川区・板橋区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区 など東京の全ての地域で相続手続き、遺言作成サポート、離婚協議書、公正証書作りのお手伝いをしております。

 

【多摩地区の対応地域】

八王子市・立川市・武蔵野市・三鷹市・青梅市・府中市・昭島市・調布市・町田市・小金井市・小平市・日野市・東村山市・国分寺市・国立市・福生市・狛江市・東大和市・清瀬市・東久留米市・武蔵村山市・多摩市・稲城市・羽村市・あきる野市・西東京市・日の出町 など、相続手続き・遺言作成サポート・離婚協議書・公正証書の作成でお悩みなら、ぜひ瓜生行政法務事務所のスタッフまでご連絡くださいませ。

 

【日本全国および海外からのご相談にも対応しております】

北海道 [ 北海道 ]

東北  [ 青森 | 岩手 | 山形 | 福島 | 秋田 | 宮城 ]

関東  [ 東京 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 神奈川 ]

甲信越 [ 山梨 | 長野 | 新潟 ]

北陸  [ 石川 | 福井 | 富山 ]

東海  [ 愛知 | 静岡 | 岐阜 | 三重 ]

近畿  [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]

中国  [ 島根 | 山口 | 鳥取 | 広島 | 岡山 ]

四国  [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]

九州  [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]

 

 

【コンテンツ】

トップへ

はじめての方へ

料金について

サービスについて

サービスの流れ

お客様の声

よくある質問

スタッフ紹介

事務所概要

お問い合わせ

【サービス】

離婚協議書

公正証書

会社設立

相続手続き

遺言

> 行政書士がやってくれること

> いないと困るこんな時

> 行政書士がいる理由とは?

> 行政書士の選び方とは?

> 瓜生行政法務事務所ってこんなところ

> 代表はこんな人です

 

相続に強い瓜生行政法務事務所飯塚税理士事務所

電話:03-5310-1776

住所:〒167-0035

東京都杉並区今川 3-1-22

営業時間:9:00~18:00

東京都行政書士会所属
(登録番号 第02082712

事務所概要 >>