お金の貸し借りと公正証書、金銭消費貸借契約

お金の貸し借りと公正証書、金銭消費貸借契約

 

1.契約書と公正証書

「お金は返ってこないものと思って貸せ」とは言いますが・・・、やはり、貸したお金はきちんと返してもらわないと、とても困ります・・・金銭的にも、精神的にも。


お金の貸し借りは、正確には金銭消費貸借契約と言います。契約ですから、契約書を作ることが考えられます。

返済時期など、返済に関することを、明確に決めておく方が、後々のことを考えると、トラブル予防に役立つことがあるからです。

 

さらに、より確実にお金を返してもらうためには、契約書を公正証書で作るという方法もあります。お金の貸し借りの際の公正証書は、公正証書の典型の1つと言えます。

 

では、お金の貸し借りをするとき、当事者で契約書を作る場合と、公正証書を作る場合とでは、どのような違いがあるのでしょうか?

 

お金を貸してください。

 

公正証書について、分かりやすくご説明しています。

 

2.金銭消費貸借の契約書

契約の当事者で、金銭消費貸借契約の契約書を作成した場合には、


(1) お金を貸した相手が、任意に返してくれないので、強制的に貸金を回収しようとしても(強制執行と言います。)、当事者が作った契約書は、強制執行の根拠とはなりません。裁判をして判決をもらう等の手続きをしてから、強制執行することになります。時間・手間・お金が掛かります。

 

(2) 契約の当事者で契約書を作成する場合は、法律の専門家ではないことが通常ですから、内容が法律に違反しているということも起こる可能性がありますし、法律上要求される方式を踏まずに、問題のある契約書を作成してしますこともあるかも知れません。

 

【まとめ】
 ・契約の当事者で契約書を作成しても、相手がお金を返してくれないときには、裁判をしなければならず、面倒だ。

 

契約書では、不十分かなぁ・・・

 

公正証書の作成は、行政書士にお任せください! 東京都杉並区の行政書士

 

3.金銭消費貸借の公正証書

では、契約書を公正証書で作成した場合は、どうなのでしょうか?

 

(1) 公正証書の執行力
一定額の金銭の支払いを内容とした公正証書は、裁判所による強制執行の根拠となります。つまり、裁判所の判決をもらう等の手続きを経ずに、公正証書があれば、強制執行により貸したお金を回収することが可能となるのです。法務局に所属する公証人が作る公正証書は、公文書で特別な効力を持っているのです。
また、公正証書には、このように特別な効力があり、相手方としては強制執行されたくないという気持ちがありますから、相手方に支払いを心理的に強制する力もあります。このような事実上の効果も重要です。

 

(2) 公正証書の証明力
仮に、貸したお金を、なかなか返してもらえず、裁判になったとしましょう。その場合、公正証書を証拠として提出すると、裁判官はすぐに公正証書を証拠として採用できます。公正証書の証明力が高いからです。 

 

(3) 公正証書の安全性
公正証書を作成するのは、裁判官・検察官等の経験者である法律の専門家の公証人です。ですから、内容としても法律上の間違いがあるものは作りません。また、公正証書の原本は、公証役場で保存されますから、紛失、盗難、偽造、変造等の恐れがありません。このように、公正証書は、契約の当事者が作る契約書と比べて、とても安全性に優れたものです。

 

【まとめ】
 ・多額のお金を貸すときには、強制執行の根拠となる公正証書の作成を考えた方が良い。
 ・公正証書は、日本で最高の契約書です。

 

お金の貸し借りでは、公正証書の作成も考えましょう。

 

公正証書のご説明です。

 

4.行政書士による公正証書の作成サポート

当事務所では、公正証書を作成するサポートもさせていただいております。
行政書士は、契約書等の法律書類作成のスペシャリストで、「街の法律家」と言われています。

だから、公正証書を作成するので、相談し、アドバイスを受けたいという時に適しています。

   ↓
例えば、契約においては、

 ・当然決めておくべき事項もあれば、

 ・その契約の当事者のご事情や考え方を考慮して決めておいた方が良い事項もあります。

   ↓

そこで、法律書類作成の専門家に相談しながら、公正証書を作成したい方が良いこともあります。

また、仕事が忙しい、家のことで忙しい等のご事情もありますから、慣れない法律的な書類のことまで考える余裕がないことも少なくないでしょう。

   ↓
そのようなときには、相談、原案の作成から公証役場での手続きまで、行政書士に依頼することもできます。

公正証書を作成したいので、内容を相談したい、アドバイスを受けたい、公正証書の原案を作りたい公証役場での手続きを頼みたい、と思われたら行政書士の活用をご検討ください。

 

【公正証書作成・ご相談・サポートコース】
公正証書を作成したい場合に、面談・電話・メールでのご相談、公正証書の原案作成、公証人との打ち合わせ、公正証書作成の代理嘱託をサポートするコースです。
基準となる報酬額は、60,000円(消費税別)です。

 

【代理人による公正証書の作成・ご相談コース】
公正証書を作成したい場合に、面談・電話・メールでのご相談、公正証書の原案作成、公証人との打ち合わせ、公正証書作成の嘱託、そして、代理人としての公正証書の作成をするコースです。基準となる報酬額は、70,000円(消費税別)です。


 

公証役場 紹介

現在の立川市は、多摩地区の中心都市ですね。法律関係でも、東京地方裁判所、東京家庭裁判所、東京地方検察庁の支部は、八王子市から立川市に移転しました。

その立川市にある公証役場が、立川公証役場です。

 

先日、初めて立川公証役場に公正証書の作成をお願いして、公正証書を作成しに行って来ました。その時、撮って来たのが下の写メです。手前の小さな入り口を入って2階に上がると、立川公証役場です。

ちなみに大きな入り口は、「きらぼし銀行」です。1階に「きらぼし銀行」があり、その2階に立川公証役場があるのです。また、道の向こう側には、スーパーの「いなげや」もあります。

 

立川公証役場は、少しJR立川駅南口から徒歩で、5分程度です。「きらぼし銀行」と「いなげや」を目印とすれば、分かりやすいと思います。

 

そして、今回ご担当いただいた公証人は、裁判官のご出身で、かなり偉い裁判官でしたが、お会いしたらお話し好きの、とても親切な公証人でした。

 

【立川公証役場】 立川市柴崎町3-9-21エルフレア立川ビル2階 TEL 042-524-1279

 

立川公証役場のホームページはこちらから >>

 

立川公証役場の入り口

 

 

公正証書のポスター

(公証役場へ行くと良く見かけるポスターです。「未来への約束を、公正証書が守ります。 遺言・任意後見・信託・各種契約」という言葉は、公正証書が果たす役割り・機能を言い表しています。新橋公証役場にて)

 

ページ名 「お金の貸し借りと公正証書、金銭消費貸借契約。公正証書の作成サポートはお任せください。」
文責 行政書士による公正証書作成サポート・東京運営 東京都杉並区 行政書士 瓜生和彦

 

公正証書 お問い合わせ

 

 

特長について

公正証書に強い行政書士があなたをサポート

無料で相談、土日、夜でも対応しております。協議離婚を

お考えならぜひご相談くださいませ。

親身に対応します

同じ担当者が最後まで責任をもって担当いたします。

小さい事務所だからこそできる対応力です。

分かりやすい説明

法律は難しい用語と書類作成が多くあります。

そんなお困りごとを一括で解決させていただきます。

オリジナル資料

ご相談内容に応じた、あなただけの分かりやすい

オリジナル資料を作成させていただきます。

心理面までサポート

落ち込んだり泣いたりと、離婚は感情が変化すると

思いますので、なんでもご相談くださいませ。

公的な文書を作成

経験が豊富な専門家が、効力の高い公的な書面の作成をサポート。将来の安心感が得ら、ストレスが減ります。

 

ご契約までの流れについて

 

よくある質問 相談について

離婚、公正証書についてよくある質問についてご紹介いたします。

 

相談にはお金がかかりますか?

相談をしたいのですが、どうしたらいいですか?

お電話でのご相談は、無料でご利用いただけます。お気軽にご相談くださいませ。

まずは、電話やメールでご連絡くださいませ。代表が自ら、質問にお応えさせていただきます。

初めての電話やメールは勇気が必要でしょうが、安心してご連絡ください。

 

 

公正証書を作りたいのですが、代理人によって、公正証書を作ることはできますか?

代理人によって公正証書を作ることもできます。

遠く離れて暮らしている、相手の顔を見たくない等、色々なご事情で、相手の方と一緒に公証役場へ行けないことがあります。

そのような時には、代理人を使って公正証書を作ることができます。

 

 

公正証書を作るために、公証役場での代理人をお願いできますか?

はい、公正証書を作成するための代理人もさせて頂きます。

公正証書を作るためにも法律的な専門知識が必要ですから、代理人も行政書士、弁護士などの専門知識を持った方にお願いした方が良いと思います。

 

もっと詳しく知る>>

 

ご相談などございましたら、ぜひ瓜生(うりゅう)までご連絡くださいませ。

 

公正証書 お問い合わせ

公正証書作成のお問い合わせ

 

 

【ご相談 対応地域について】

瓜生行政法務事務所では、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に公正証書作成のサポートの相談にのっております。

 

【東京都の公正証書作成サポートの対応地域】

千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・台東区・墨田区・江東区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区荻窪・西荻窪阿佐谷・高円寺井の頭線沿線)・豊島区北区・荒川区・板橋区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区 など東京の全ての地域で公正証書作成のお手伝いをしております。

 

【多摩地区の対応地域】

八王子市・立川市・武蔵野市吉祥寺武蔵境)・三鷹市・青梅市・府中市・昭島市・調布市・町田市・小金井市・小平市・日野市・東村山市・国分寺市・国立市・福生市・狛江市・東大和市・清瀬市・東久留米市・武蔵村山市・多摩市・稲城市・羽村市・あきる野市・西東京市・日の出町 など、公正証書の作成でお悩みなら、ぜひ瓜生行政法務事務所までご連絡くださいませ。

 

【日本全国および海外からのご相談にも対応しております】

北海道 [ 北海道 ]

東北  [ 青森 | 岩手 | 山形 | 福島 | 秋田 | 宮城 ]

関東  [ 東京 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 神奈川 ]

甲信越 [ 山梨 | 長野 | 新潟 ]

北陸  [ 石川 | 福井 | 富山 ]

東海  [ 愛知 | 静岡 | 岐阜 | 三重 ]

近畿  [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]

中国  [ 島根 | 山口 | 鳥取 | 広島 | 岡山 ]

四国  [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]

九州  [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]

など、事実婚・内縁・離婚の公正証書作成でお悩みなら、ぜひ瓜生行政法務事務所までご連絡くださいませ。

 

 

【コンテンツ】

トップへ

はじめての方へ

料金について

サービスについて

サービスの流れ

お客様の声

よくある質問

スタッフ紹介

事務所概要

お問い合わせ

【サービス】

離婚協議書

公正証書

会社設立

相続手続き

遺言

> 行政書士がやってくれること

> いないと困るこんな時

> 行政書士がいる理由とは?

> 行政書士の選び方とは?

> 瓜生行政法務事務所ってこんなところ

> 代表はこんな人です

 

公正証書に強い瓜生行政法務事務所

電話:03-5310-1776

住所:〒167-0035

東京都杉並区今川 3-1-22

営業時間:9:00~18:00

東京都行政書士会所属
(登録番号 第02082712

事務所概要 >>