→協議離婚の際に注意したい

 ・離婚離婚の際に注意すべきこと

 ・離婚届の不受理申出

→離婚協議書を作ろう

→親権者を決める

→養育費

 ・養育費の基本

 ・親権者でなくても払うのか?

 ・離婚と学資保険

→面接交渉

→財産分与

 ・財産分与とは?

 ・財産分与の対象は?

 ・財産分与の割合は?

 ・扶養的財産分与とは?

→離婚に伴う慰謝料

→離婚時の年金分割

 ・年金分割 早分かり (1)

 ・年金分割 早分かり (2)

→離婚の公正証書

 ・公正証書を作った方が良い

 ・東京の離婚公正証書はお任せ下さい!

 ・公正証書の具体例

→東京の離婚協議書はお任せください!

→離婚の公正証書ができるまで

 ・「公正証書を作りたいのですが」

 ・打ち合わせ

 ・公正証書の原案の作成

 ・いよいよ公証役場へ

 ・公正証書の完成

→離婚と税金

 ・養育費・慰謝料と税金

 ・財産分与と税金

 ・財産分与と譲渡所得税

→内縁関係・事実婚の解消

→熟年離婚・中高年の離婚サポートページ

→行政書士と離婚 行政書士による離婚サポート

 行政書士による離婚相談

 ・練馬区・杉並区の離婚協議書、離婚公正証書の作成サポート

 ・協議離婚の橋渡し仲介者として

 ・代理人による離婚公正証書の作成サポート

 ・離婚 行政書士に相談する? 弁護士に相談する?

 ・離婚の悩み、解決方法、行政書士、弁護士

瓜生行政法務事務所
瓜生行政法務事務所

東京都杉並区今川3-1-22
行政書士 瓜生 和彦
東京都行政書士会所属
(登録番号
第02082712号)
電話/FAX 
03-5310-1776

主な対応地域
東京都杉並区、練馬区、中野区、新宿区、豊島区、板橋区、北区、渋谷区、品川区、港区、中央区、千代田区、江東区、台東区、足立区、墨田区、葛飾区、大田区、世田谷区、目黒区、文京区、荒川区、江戸川区、武蔵野市、立川市、西東京市など東京都全域、埼玉県、千葉県、神奈川県など全国対応も可能です

離婚協議書の作成・公正証書の作成サポートはお任せください。

公証人に公正証書の作成を依頼した2日後に、公証役場からFAXがきました。

公証人は、公正証書の作成を依頼されると、公正証書の原案を作成して、それをFAXしてきます。内容が、依頼された内容と同じかどうかを確認してもらうためです。同時に、公証人に支払う手数料もFAXされてきました。

公証人には、このような内容の公正証書を作成していただきたいのですが、と依頼しています。ただ、公証人によって、使う言葉・文体が、かなり違うようです。依頼した時に渡した文体と、公証人の文体とが大きく異なることが少なくありません。もちろん、意味内容は全く同じです。
そこで、「この書面でよろしいですね?」という意味でFAXしてくるようです。

FAXを受け取り、まず、私が内容を確認した後、吉澤さん(仮名)・ご主人へ郵送しました。
ご主人へは、私への委任状も同封します。また、念のため、お電話でお話もし、委任状には実印での押印をお願いしておきました。

吉澤さん・ご主人からは、すぐにお返事をいただき、ご主人の委任状も届きました。

次は、公正証書に署名・押印する日時を決めます。公証人・吉澤さんと連絡をとって、具体的な日時を決め、予約をして公証役場へ行くのです。予約は、吉澤さんのお仕事の関係で、次の週の火曜日午後2時としました。

私と吉澤さんは、2時前に駅の改札付近でお会いすることとしました。かなり頻繁に連絡を取っていましたが、この時が、初対面です。私は、緑のバッグを持っていますと目印をお教えしておきましたが、いざとなれば携帯電話で連絡を取ります。
仕事柄、初対面の方と待ち合わせをする機会も多いのですが、意外と簡単に相手の方が分かるものです。お互いにキョロキョロしているということでしょうか。
吉澤さんとお会いした時には、私が先に着いてお待ちしていると、正面から手を振りながら来られたという感じでした。
電話ではお話していても、実際にお会いすると、やはり緊張します。

公証役場は、駅から5分程です。お話をしながら行きましたが、「私は、そういう所は苦手なんです。緊張します。」とおっしゃっていました。

公証役場に着くと、まず、ご主人の委任状を提出します。
また、ここでも、公証人からは、公正証書の原案が渡され、「内容を確認してください。」とのお話があります。この場になって、大きな間違いに気付くことがありますから、丁寧に読む必要があります。

吉澤さんの時には、表現が多少気になるという部分がありました。意味内容としては同じなのですが、気持ちとしては、この表現は気になるという感じです。
その部分については、公証人とお話をして差し替えていただきました。

この後、吉澤さんと私で、署名・押印(実印です)して公正証書の完成です。

公正証書の原本は公証役場で保管されます。
また、強制執行をする可能性のある立場の方には、公正証書の正本が渡されます。今回は、吉澤さんです。
逆に、強制執行をされる可能性のある立場の方には、公正証書の謄本が渡されます。ご主人の代理人として、私が受け取りました。

全てを終えて公証役場から出てくるまでに、1時間は掛からなかったと思います。

出来たばかりの公正証書を受け取って、駅まで戻ると喫茶店がありました。交通費の精算もありますから、そこで一休みとしました。吉澤さんも、先ほどと比べて、幾分、安心されたかのように見えました。

苺の季節だったからでしょうか、自家製のショートケーキが美味しそうだったので注文すると、大きなショートケーキが出てきたのを憶えています。

公正証書の謄本は、私からご主人にお送りしました。

1週間後、吉澤さんから、離婚届を出しました、というメールをいただきました。
また、半年程後にも、養育費が振り込まれています、というご連絡をいただきました。

行政書士がサポートさせていただきながら、離婚の公正証書が出来るまでをご紹介いたしました。ご参考になりましたでしょうか。
離婚関係の仕事をする行政書士も増えている、と思います。
行政書士のご活用もお考えいただければ、と思います。

この物語については、複数のご依頼から学んだことを参考にしましたが、フィクションであることを、改めて、お断りしておきます。
 また、吉澤さんというお名前も、物語に具体性を持たせるために使用しており、実在する方々とは、無関係であることも、お断りしておきます。

離婚協議書の作成・公正証書の作成サポート

電話番号03-5310-1776

 


このページのトップへ