協議離婚の橋渡し、仲介者として

協議離婚の橋渡し、仲介者として。東京都杉並区の行政書士

 

1.このページを作った理由

このホーム・ページをご覧ということは、離婚で悩んでいらっしゃるのですね・・・・。

 

具体的には、何を悩んでいるのでしょうか? 離婚するか・しないか? 養育費・財産分与・・・? 離婚協議書を作りたい、公正証書を作りたい・・・?

 

別居していて、離婚の話しが思うように進まずに悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。 

私が、ご相談にお乗りするケースも、別居中(家庭内別居も含めて)の方が多いのです。 

そういう場合、「離婚の時の合意内容を決めるために、間に入って欲しい。」というお話しも良くあります。

 

そこで、特に別居しているケースで、行政書士が、離婚するご夫婦の間に入って、どの様に離婚の公正証書の作成を進めて行くのか、についてご説明してみようと思います。

 

協議離婚の橋渡し、と言ったところでしょうか。

 

協議離婚の橋渡し、仲介者。

 

2.別居しているご夫婦・・・問題点

離婚しようとしているご夫婦の場合には、家庭内別居も含めて、既に別居しているご夫婦が多くいます。 別居していると、連絡はスマホで、メールかラインのことが多いようです。
       ↓
離婚の際の約束については、会って、じっくりと話し合うべき内容もあるはずですが、実際には、感情的な問題もあり、それは難しいことが多い。
       ↓
電話で話すことも難しい場合が少なくないです。そもそも、話したくないのですね。

 

スマホの短いメールやラインでは、離婚の際の約束を十分に決めることは、難しいです。メールやラインで、考えを伝えることの難しさは、日常でも感じることですね。それが離婚となれば、なおさらです。

 

離婚の際に決める主要なことは、結婚生活で築いてきた財産の清算と、お子さんがいれば、お子さんに関することでしょう。
       ↓
財産の清算では、預金・保険があるだけよりは、不動産がある方が決めにくい、さらに、住宅ローンがあると難しくなる。
       ↓
また、お子さんに関することでも、養育費・面接交渉だけではなく、さらに言えば、将来の学費、保険など多くのことを考える場合もあります。

 

メールやラインでは、大まかなことを決めることは出来ても、細部までは決めきれないようです。

 

協議離婚の連絡役。

 

もともと、離婚の話しは、当事者だけでは感情的になり、話し合いが出来ないということも多いですから、第三者に入ってもらうというのは、プラスの面もあると思います。
時には、親族が入ってくることがありますが、どちらかの味方をすることを前提に入ってきますから、これは混乱に拍車をかけることが少なくありません。

 

そこで、間に入ってもらうのであれば、離婚についての専門知識のある人の方が良いとお考えになるのでしょう。
離婚を扱っている行政書士にも、「間に入ってもらえないか。」「主人と会ってもらえないか。」というお話しが来るのです。

 

3.行政書士による協議離婚の橋渡し、仲介

行政書士による協議離婚の橋渡し・仲介

では、行政書士にご相談があったとき、どうするか? 

 

ご夫婦間でメールなどで連絡を取り合って、一応、養育費・財産分与など大まかなことが決まっていることも多いですね。
         ↓
そうすると、例えば、連絡をいただいた奥様から、現在ご主人と合意している事項をお聞きします。
         ↓
また、そのご夫婦の保険や住宅ローンなどを含めて、ご事情をお聞きして、通常問題となりそうなことをご説明し、他に検討する事項があれば、そのご説明をすることになります。 

 

そのうえで、次のようなことをしていきます。

 

◆お聞きした内容から、「公正証書の原案」を作る。

◆ご主人に、「公正証書の原案」を検討していただく。

◆修正が必要であれば、修正する。

◆銀行・不動産会社等への相談が必要であれば、並行して進める。

◆「公正証書の原案」が完成すれば、公証役場での手続きに入る。

 

行政書士が、別居しているご夫婦の間に入って、公正証書の完成をサポートするには、これらの他にも、しなければならないことが多くあります。

ご夫婦の間に入って、代理人としてサポート(交渉など)することは弁護士の業務であり、行政書士にはできません。しかし、協議離婚しようとしているご夫婦には、様々なバリエーションがあり、行政書士にもお手伝いできることが多くあることを経験してきました。

離婚で悩んでいらして、行政書士のサポートに興味をお持ちになられた方は、ぜひ、お気軽に、お問い合わせください。

 

公正証書の見本。

 

*代理人として交渉する等は、弁護士法で、弁護士だけができることになっております。私も、弁護士法に抵触する行為は出来ませんので、疑問がある場合は、ご遠慮なくお問合せください。

 

協議離婚の橋渡し、仲介者として。東京都杉並区の行政書士。

 

電話番号03-5310-1776

 

公証役場 紹介

【神田公証役場】 千代田区鍛冶町1-9-4 KYYビル3階 電話 03(3256)4758

 

千代田区には4つの公証役場がありますが、その1つ、神田公証役場です。

千代田区は、公証役場が多い地域ですが、神田周辺もオフィースが多く、公正証書の需要が多いのだと思います。

 

神田公証役場は、JR神田駅から徒歩7~8分でしょうか・・・土地勘が無いと、少し分かりにくいですね。

エレベーターで3階に上がると、写真のような公証役場の入り口に到着です。

 

神田公証役場入り口

 

ページ名 「協議離婚の橋渡し、仲介者として。離婚後の安心をサポートさせていただきます」
文責 行政書士による協議離婚サポート・東京運営 東京都杉並区 行政書士 瓜生和彦

離婚の公正証書に強い行政書士に相談

 

 

特長について

離婚の公正証書に強い行政書士がチェック

無料で相談、土日、夜でも対応しております。協議離婚を

お考えならぜひご相談くださいませ。

親身に対応します

同じ担当者が最後まで責任をもって担当いたします。

小さい事務所だからこそできる対応力です。

分かりやすい説明

法律は難しい用語と書類作成が多くあります。

そんなお困りごとを一括で解決させていただきます。

あなただけのオリジナル資料

ご相談内容に応じた、あなただけの分かりやすい

オリジナル資料を作成させていただきます。

心理面までサポート

落ち込んだり泣いたりと、離婚は感情が変化すると

思いますので、なんでもご相談くださいませ。

公的な文書を作成

経験が豊富な専門家が、効力の高い公的な書面の作成をサポート。将来の安心感が得ら、ストレスが減ります。

 

 

よくある質問 相談について

離婚、公正証書についてよくある質問についてご紹介いたします。

 

会社が忙しくて、土日もあまり時間が取れないのですが、平日の会社帰りに、お会いして、相談することはできますか?

大丈夫です。会社帰りにということでしたら、私がご都合の良い駅まで伺うこともできます。

良くあるケースですから、ご遠慮なく、ご要望をお伝えください。

 

 

離婚することには合意しましたが、養育費などの約束は、これから話し合います。

何も決まっていませんが、相談に乗ってもらえますか?

話し合いはこれからするというときでも、ご相談にお乗りいたします。
ご事情やお考えをお聞きして、決めておくこと、決め方、進め方などについて、アドバイスさせていただきます。

話し合いの前に、ご相談いただくことは、事前準備ができますから、プラスも多いかと思います。

 

 

公正証書を作るために、当方の考えをまとめた、相手方への提案書のようなものを作って頂きたいのですが、可能でしょうか?

可能です・・・そのようなお手伝いもさせて頂きます。

公正証書を作るために相手の方と話をするのであっても、相手の方が具体的なイメージを持てるようにした方が話が進みやすいこともありますね。

また、提案書を作る過程で、ご自身のお考えをまとめることも出来ます。

そのようなご依頼もありますから、お気軽にご連絡ください。

 

もっと詳しく知る>>

 

ご相談ならぜひ担当スタッフまでお問合せくださいませ。

 

離婚の公正証書に強い行政書士に相談

離婚の公正証書に強い行政書士に相談

 

 

【ご相談 対応地域について】

瓜生行政法務事務所では、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に離婚協議書の作成、公正証書作成のサポートの相談にのっております。

 

【東京都の公正証書作りの対応地域】

千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区台東区墨田区・江東区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区(荻窪・西荻窪、阿佐ヶ谷・高円寺)・豊島区・北区・荒川区・板橋区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区 など東京の全ての地域で離婚協議書、公正証書作りのお手伝いをしております。

 

【多摩地区の対応地域】

八王子市・立川市・武蔵野市(吉祥寺)・三鷹市・青梅市・府中市・昭島市・調布市・町田市・小金井市・小平市・日野市東村山市・国分寺市・国立市・福生市・狛江市・東大和市・清瀬市・東久留米市・武蔵村山市・多摩市・稲城市・羽村市・あきる野市・西東京市・日の出町 など、離婚協議書・公正証書の作成でお悩みなら、ぜひ瓜生行政法務事務所のスタッフまでご連絡くださいませ。

 

【日本全国および海外からのご相談にも対応しております】

北海道 [ 北海道 ]

東北  [ 青森 | 岩手 | 山形 | 福島 | 秋田 | 宮城 ]

関東  [ 東京 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 神奈川 ]

甲信越 [ 山梨 | 長野 | 新潟 ]

北陸  [ 石川 | 福井 | 富山 ]

東海  [ 愛知 | 静岡 | 岐阜 | 三重 ]

近畿  [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]

中国  [ 島根 | 山口 | 鳥取 | 広島 | 岡山 ]

四国  [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]

九州  [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]

 

 

【コンテンツ】

トップへ

はじめての方へ

料金について

サービスについて

サービスの流れ

お客様の声

よくある質問

スタッフ紹介

事務所概要

お問い合わせ

> 行政書士がやってくれること

> いないと困るこんな時

> 行政書士がいる理由とは?

> 行政書士の選び方とは?

> 瓜生行政法務事務所ってこんなところ

> 代表はこんな人です

 

協議離婚に強い瓜生行政法務事務所

電話:03-5310-1776

住所:〒167-0035

東京都杉並区今川 3-1-22

営業時間:9:00~19:00

東京都行政書士会所属
(登録番号 第02082712

事務所概要 >>