→協議離婚の際に注意したい

 ・離婚離婚の際に注意すべきこと

 ・離婚届の不受理申出

→離婚協議書を作ろう

→親権者を決める

→養育費

 ・養育費の基本

 ・親権者でなくても払うのか?

 ・離婚と学資保険

→面接交渉

→財産分与

 ・財産分与とは?

 ・財産分与の対象は?

 ・財産分与の割合は?

 ・扶養的財産分与とは?

→離婚に伴う慰謝料

→離婚時の年金分割

 ・年金分割 早分かり (1)

 ・年金分割 早分かり (2)

→離婚の公正証書

 ・公正証書を作った方が良い

 ・東京の離婚公正証書はお任せ下さい!

 ・公正証書の具体例

→東京の離婚協議書はお任せください!

→離婚の公正証書ができるまで

 ・「公正証書を作りたいのですが」

 ・打ち合わせ

 ・公正証書の原案の作成

 ・いよいよ公証役場へ

 ・公正証書の完成

→離婚と税金

 ・養育費・慰謝料と税金

 ・財産分与と税金

 ・財産分与と譲渡所得税

→内縁関係・事実婚の解消

→熟年離婚・中高年の離婚サポートページ

→行政書士と離婚 行政書士による離婚サポート

 行政書士による離婚相談

 ・練馬区・杉並区の離婚協議書、離婚公正証書の作成サポート

 ・協議離婚の橋渡し仲介者として

 ・代理人による離婚公正証書の作成サポート

 ・離婚 行政書士に相談する? 弁護士に相談する?

 ・離婚の悩み、解決方法、行政書士、弁護士

瓜生行政法務事務所
瓜生行政法務事務所

東京都杉並区今川3-1-22
行政書士 瓜生 和彦
東京都行政書士会所属
(登録番号
第02082712号)
電話/FAX 
03-5310-1776

主な対応地域
東京都杉並区、練馬区、中野区、新宿区、豊島区、板橋区、北区、渋谷区、品川区、港区、中央区、千代田区、江東区、台東区、足立区、墨田区、葛飾区、大田区、世田谷区、目黒区、文京区、荒川区、江戸川区、武蔵野市、立川市、西東京市など東京都全域、埼玉県、千葉県、神奈川県など全国対応も可能です

離婚協議書の作成、離婚の公正証書の作成サポートはお任せください。

 離婚届を勝手に出されては困るというとき等に、離婚届が受理されることを防ぐために、離婚届の不受理申出という方法があります。

 離婚届は、必要事項が記載されていれば、それが本人の署名かどうかを確認することなく受理されます。そして、一旦、戸籍に離婚の記載がされると、それを抹消するには裁判所での手続きが必要になり非常に,面倒です。そこで、相手が勝手に離婚届を提出する恐れがある場合などには、不受理申出をしておくのが有効です。

 離婚届の不受理の申出が出来るのは、1、届出の意思がなく、届出に署名押印したこともない、または、2、届出に署名押印したが、その後届出の意思をなくした、という場合です。

 不受理の申出は、本籍地以外の役所に提出することも出来ますが、この場合だと、不受理の書類を受け取った役所が本籍地の役所に書類を送付するため、その間に離婚届が誤って受理される恐れがあります。従って、不受理の申出書は、本籍地の市湯町村役場に提出する方が安全です。なお、市区町村役場には、不受理申出書があり、書類を提出する必要があります。前に区役所の担当者から、電話で問い合わせがあるというお話しをお聞きしたことがありますが、電話では不受理の申出になりませんから、ご注意ください。

 この不受理の申出の効力は、かつては六ヶ月しかありませんでしたが、平成20年5月からは、本人が不受理の申出を取り下げるまで、不受理の効力が続くことになりました。

 私がかつて取り扱った事案でも、離婚届の不受理の申出がされていたケースがありました。そのケースは、ご主人の暴力があり、奥さんからは数百万円の慰謝料の請求がありました。ご主人は、早く離婚したい。しかし、奥さんは慰謝料の話合いが合意するまでは、離婚届を提出するつもりはない。もしかして、ご主人が離婚届を提出するのではと感じた奥さんは、不受理の申出をしておき、安心して慰謝料の話合いを行なったのです。離婚する際には、十分な話合いが必要ですが、奥さんは、不受理の申出をすることにより、安心して話合いができる状況を作ったのです。そのケースでは、奥さんは、納得のいく慰謝料を合意することが出来ました。

 

離婚公正証書の作成をサポート!

 

電話番号03-5310-1776

 

このページのトップへ