→協議離婚の際に注意したい

 ・離婚離婚の際に注意すべきこと

 ・離婚届の不受理申出

→離婚協議書を作ろう

→親権者を決める

→養育費

 ・養育費の基本

 ・親権者でなくても払うのか?

 ・離婚と学資保険

→面接交渉

→財産分与

 ・財産分与とは?

 ・財産分与の対象は?

 ・財産分与の割合は?

 ・扶養的財産分与とは?

→離婚に伴う慰謝料

→離婚時の年金分割

 ・年金分割 早分かり (1)

 ・年金分割 早分かり (2)

→離婚の公正証書

 ・公正証書を作った方が良い

 ・東京の離婚公正証書はお任せ下さい!

 ・公正証書の具体例

→東京の離婚協議書はお任せください!

→離婚の公正証書ができるまで

 ・「公正証書を作りたいのですが」

 ・打ち合わせ

 ・公正証書の原案の作成

 ・いよいよ公証役場へ

 ・公正証書の完成

→離婚と税金

 ・養育費・慰謝料と税金

 ・財産分与と税金

 ・財産分与と譲渡所得税

→内縁関係・事実婚の解消

→熟年離婚・中高年の離婚サポートページ

→行政書士と離婚 行政書士による離婚サポート

 行政書士による離婚相談

 ・練馬区・杉並区の離婚協議書、離婚公正証書の作成サポート

 ・協議離婚の橋渡し仲介者として

 ・代理人による離婚公正証書の作成サポート

 ・離婚 行政書士に相談する? 弁護士に相談する?

 ・離婚の悩み、解決方法、行政書士、弁護士

瓜生行政法務事務所
瓜生行政法務事務所

東京都杉並区今川3-1-22
行政書士 瓜生 和彦
東京都行政書士会所属
(登録番号
第02082712号)
電話/FAX 
03-5310-1776

主な対応地域
東京都杉並区、練馬区、中野区、新宿区、豊島区、板橋区、北区、渋谷区、品川区、港区、中央区、千代田区、江東区、台東区、足立区、墨田区、葛飾区、大田区、世田谷区、目黒区、文京区、荒川区、江戸川区、武蔵野市、立川市、西東京市など東京都全域、埼玉県、千葉県、神奈川県など全国対応も可能です

離婚協議書の作成・公正証書の作成サポートはお任せください。

 離婚する場合、結婚なさって数年で、お子さんも小さいケースでは、養育費が大きな問題になることが多いですね。それに対して、結婚生活も長くなってくると、お子さんのことだけではなく、財産のことも問題になってきます。財産分与です。そして、不動産等を財産分与する場合には、譲渡所得税が問題となります。そこで、財産分与と譲渡所得税について、ご説明しようと思います。

 ただ、税金はやはり難しいですね(実感です)。税理士さんという職業が成り立つはずです。このページは、ご参考に留めておいて頂きたいと思います。

 実際に、離婚の際の税金についてお悩みの方には、私が親しくさせて頂いている税理士さんをご紹介いたしますので、お気軽にご連絡ください。

1 譲渡所得税とは?

 資産の譲渡による利益(所得)には所得税が課税されます。これが、譲渡所得税です。

 簡単に言えば、5,000万円で買った土地が、6,000万円で売れると、1,000万円の利益が出ますが、ここに所得税が課税されることになります。

 逆に、土地が値下がりした場合には利益はありませんので、課税されません。

2 財産分与でも譲渡所得税が問題になるの?

 土地の売買のように、実際に売買代金を受け取る場合であれば、利益に課税されるというのは分かり易いですね。その点、財産分与の場合には、土地は譲渡するのですが、代金をもらうわけではありませんから、利益があると言われても、実感がないかも知れません。

 裁判でも、財産分与の場合に譲渡所得があるとして課税するというのは、妥当なのか否か争われたことがあります。しかし、最高裁判所は、財産分与をすることによって、財産を分与する義務の消滅という経済的利益を受けている等の理由で譲渡所得課税を認めています。

3 税率

 税率は、所有期間が5年を超えるか否かによって、変わってきます(5年を超えるか否かは、譲渡した年の1月1日現在で考えます)。

 所有期間が5年を超える場合は、所得税が15パーセント、住民税が5パーセントです。他方、所有期間が5年を超えない場合は、所得税が30パーセント、住民税が9パーセントとなります。

 ただ、居住用住宅の場合には、3,000万円の特別控除があります。これは、居住用住宅の場合には、3,000万円以上の利益が出ていなければ課税されないということです。

 

 上記以外にも、譲渡所得の計算などについて、難しい点が多くあります。譲渡所得について疑問がある場合には、税務署・税理士さんに、是非、ご相談ください。

 

 不動産が財産分与の対象となるときには、離婚協議書、または、公正証書を作成することになるでしょう。離婚協議書・公正証書を作る時は、先々、税金の問題が生じるのか否かも考慮して、その内容を検討してください。税金の問題を考慮しない内容では、妥当な財産分与とはならないと思います。

 

離婚協議書の作成・公正証書の作成サポート

 電話番号03-5310-1776

 

このページのトップへ